Event is FINISHED

塩とクラフトビールのマリアージュ・ワークショップ

生命維持と料理に欠かせない塩の魅力をビールで味わう
Description
クラフトビールと塩の合わせ方を探究する会です。

ビールと料理の合わせ方は、主催者だけでなくこれまでさまざまに提案がされてきましたが、
今回は塩という調味料そのものと合わせます。
塩は人間の生命維持に欠かせない重要な物質であると同時に、
これがなければ料理が成り立たないほどの重要な調味料でもあります。
ですから、ビールと料理を合わせる前に塩について知っておくと、
今まで以上にうまくマリアージュがつくれるようになるでしょう。

日本では2005年に塩が完全自由化されて以来、
現在では約2000種類を超える塩が手に入るようになりました(タイトル部分の写真中央のものもすべて塩です)
それら一つひとつ異なる特徴があり、ということは、...
合わせるべきビアスタイルも変わってくるはずです。

今回、既に塩をビールと合わせることを提案している
日本ソルトコーディネーター協会の青山志穂代表理事の協力を得て、
当イベントが実現する運びとなりました。
多彩な塩の世界と、ビールと食べ物のマリアージュを起こすためのポイントをレクチャーで学んだ後、
4銘柄のビールに対し約10種類の塩を合わせ、出来上がる味わいの違いを楽しみます。

※合わせるビールは10月10日以降の実験を経て発表いたします。

■日本ソルトコーディネーター協会とは■
生産者と消費者の架け橋として、塩を通じて地域の食産業の活性化を図るとともに、正しい塩の知識を広く伝えることを目的として活動している一般社団法人です。塩のプロフェッショナルであるソルトコーディネーターの育成や、セミナーやワークショップの開催などを行っています。

■ソルトコーディネーター:青山志穂(写真右)■
日本ソルトコーディネーター協会代表理事
慶應義塾大学総合政策学部を卒業後、カゴメ株式会社に入社。営業や、トマト製品およびパスタソースのマーケティング・商品開発に携わる。2007年に退社し、沖縄に移住。
2008年に沖縄の塩の専門店「塩屋」入社。数年をかけて日本初のソルトソムリエ制度(社内資格制度)を立ち上げる。教本づくりや社内資格制度の運営体制の設立のほか、スタッフトレーニングや人材採用・育成、商品開発、広告宣伝の責任者を務める。
2012年に、一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会を設立し、独立。全国各地を飛び回りながら、講演活動やメディア出演など、塩の魅力を広く伝えている。
代表著作に「塩図鑑」(東京書籍)、「琉球塩手帖」(ボーダーインク)

■ファシリテーター:熊谷勇一■
記者・編集者。国内外のビアコンペティションで審査員を務めるほか、ビアコーディネイターとしてビールとフードを理論・法則を用いてうまく組み合わせてできる「第三のフレーバー」を楽しむ「マリアージュ」の啓発・普及活動もしている。

【開催概要】
日時:2015年10月31日(土) 13時30分~16時
場所:Two Dogs TAPROOM (東京都港区六本木3-15-24アリエスビル2階)
http://www.twodogs-tokyo.com/
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木駅」から徒歩4分
東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」から徒歩7分
会費:2,500円(2種のレクチャー、塩、ビール4種付き)
定員:30名(最低催行人数12名)
ソルトコーディネーター:青山志穂
ファシリテーター:熊谷勇一
(クラフトビアアソシエーション認定ビアコーディネイター)
※ほかのサイトでも募集をしているため、予告なく定員を締め切る可能性があります。予めご了承ください。
※食材とビールの調達の都合上、10月29日以降はキャンセルの際でも参加費が発生します。
※10月29日までにお申し込みが最低催行人数に達しない場合は延期いたします。

【お申し込み】
本ページからお申し込みください。
Event Timeline
Sat Oct 31, 2015
1:30 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
2500円(当日現金払い)

On sale until Oct 30, 2015, 11:59:00 PM

Venue Address
東京都港区六本木3-15-24アリエスビル2階 Japan
Organizer
Jinya Kumagai
68 Followers
Attendees
2 / 30